2017年5月15日 (月)

静岡ホビーショー2017 宮崎メカ模型クラブ お尻祭り

今年も宮崎メカ模型クラブにて、作品を展示させてもらいました。

Dsc01008

前もって紹介したものの他、
大海嘯セットレジン化に手を挙げていただいた、静岡のKENさん、
去年お客さんとしてやってきた、ラッキーガイジンCamiloさん、
お二人が塗装してくれたトルメキア兵も急遽展示することに。


KENさん塗装のもの。

Img_0267

つぶつぶ付きです。カッコイイ!
わざわざ、朝早くに駅まで届けていただきました。


Camiloさん、今年はお金が無くて日本には来れないということで、
写真を飾らせてもらいました。

Img_0268

お二人とも、本当にありがとうございます。



そして、ソラキオさんもクシャナを展示してくれました〜。
塗っただけと書いてありますが、素敵な台座に乗ってます。

Img_0274




ここからはお尻祭り参加の作品です。

かのー会長の新作、バラクーダ号用のコナン&ジムシィ

Img_0272

Img_0273

「デカイ尻だな〜。何か入れてんのか?」
 ペロンっ!ピッカー!
「うやー!」って感じです。
最高の作品にお邪魔できて嬉しいです。
次回も頑張ります。



お尻繋がりで作った誰も知らないおじさん。

R0011116

ルパン三世、小山田マキちゃんの回に出てくる悪者、
永田重工の社長です。
アタマとアゴ、上下でおケツは中々いませんよ。
スカルピーの練習も兼ねて作ってみたら、すごく良いものが出来ました。
お気に入りです。

Img_0271

腰痛さんのラムダの前に飾らせてもらいました。




お尻祭りは僕が勝手にやっていたものですが、
もう一つ最高のお尻を見つけたので。

Img_0266

お客さんはあまり見ていないであろう、
腰痛さんの巨神兵のお尻です。

Img_0265

全身彫刻刀だけ、八ヶ月で仕上げたそうです。凄すぎ。
フランスなら生きてるだけで80万円くらい貰えますよ。




というわけで、
今年もあっという間に終わってしまいました。
その他の方の作品については、宮崎メカ模型クラブのホームページにて

2017年5月11日 (木)

静岡ホビーショー2017展示予定 その3 お尻祭り参加作品


2017年の宮崎メカ模型クラブは「お尻祭り」(嘘)ということで、
お尻丸出しのコナン(未来少年)とお尻のおじさんを作りました。

R0011120

R0011118

こちらの全貌はホビーショー後に公開しようと思います。

2017年5月10日 (水)

静岡ホビーショー2017展示予定 その2 クシャナと巨神兵

その2です。

R0011102

クシャナは塗り直しました。
後ろで火が燃えているので、逆光っぽくならないかなぁと塗っていたんですが、ダメでした。
指でこすったら塗装がとれて、汚れた感じになったので結果オーライ。


R0011108

R0011109

巨神兵オーマ
今回の展示は、複製した巨神兵をいっぱいぶら下げて
ベビーメリー風に仕上げようと思い、いろいろ考えてたのですが、
どうやっても小学生の工作レベルにしかならなそうだったので、
1体のみぶら下げにしました。
しかし結局、見栄えはイマイチでございます。

来年は土鬼の飛行戦艦にぶら下げる予定だったんですが、
もっと色々フィギュアを作りたくなったので、
「そのうち」に変更します。


R0011113_1

引っ越しでどこへしまったか分からなくなったカメラの充電器が見つかったので、
ナムリス&ミラルパ兄弟撮り直しました。
別にそんなに良いカメラじゃないですが、
iPhoneのカメラは細かいところがモジャモジャになるので嫌いです。

2017年5月 8日 (月)

静岡ホビーショー2017展示予定 その1 ナムリス・ミラルパ

久しぶりですが、ゼルダの伝説も一旦クリアしたので、
静岡ホビーショー2017に持って行く予定のものをアップします。

大海嘯セットから、ナムリス・ミラルパ。
塗り方も写真も汚いですが、できました。

Img_0257

ナムリスは頭黒ですが、あとはsawaさんところのとほぼ同じか。
肩と手の防具は金にしようと塗ってみましたが、色が多過ぎな気がして銀(銀色のつもり)にしました。

ミラルパの頭巾は白にしました。

最初はKKKとか怪しい黒魔術のイメージだったんで、漫画読んでいる時は真っ黒だと思ってたんですが、
sawaさんところの赤い頭、on your mark、シュナの旅からってことで
正解出た!と読み返してみると、体の部分とは明らかに違う色になってる。
3巻の最後の方に至っては、白装束に見えるぞ!

で、実際この頭巾は何を参考にしているのかと、調べ辿り着いたのは
『saudi bedouin mask』でした。(僕が勝手に出した結論なので、全然違う可能性あり!)
シュナの旅にもこういう人達でてくるし、全身刺青、マスクの下は顔にも刺青入ってるっぽい。
砂漠に住む女性の衣装のようです。
しかしデザインが様々で、逆に迷宮入。白に落ち着きました。

2017年3月19日 (日)

生きてます!

3年ぶりでしょうか、お久しぶりです!
年始から約一ヶ月かけて引っ越ししてまして、
しばらく作業ができなかったんですが、
2月中頃からちょくちょくと作業再開しています。

Image2

色々と手をつけていましたが、
自分の作品が何も出来ていないのに気付いてしまったので、
ちょっと先に自分の終わらせようと思います。
ホビーショーまで時間が余れば他のものも進めて持っていきます。

と思っていたんですが、
当分手に入らないと思っていた
こんなものが届いてしまい、
自分の作品も危うくなってまいりました!

Image1_2

そして、ゲゲゲの人生展、明日まで!
結局行けなかった!

2017年1月 4日 (水)

千と千尋の神隠し 坊 フィギュア

Image1

作った訳ではありません。
正月に東京駅のどんぐり共和国で見つけました。
手のひらサイズでお手頃価格。
程よい気持ち悪さで、良い出来です。

2016年12月12日 (月)

ゴオオオオ

色塗ってみました。





いきなり肌をベタ塗りし過ぎたので、
もしかすると1から塗り直すかも。

この後、台座と火を付ける予定。
酸素の出るやつは、酸素筒と書いてありました。

1月に引っ越す予定で、またしばらく更新は無いかもしれません。

2016年11月 4日 (金)

クシャナと巨神兵と酸素でるやつ

お久しぶりです。
酸素のでるやつが出来ました。

Img_0030_2

あんまりこだわりなく作ったので、
色々突っ込まれると困っちうんですが、こんな感じです。

Img_0033_2

Img_0031_2

こんな需要のないものは、複製するつもりがなかったのですが、
スカルピーでは上手く形が作れなかったので、
結局ワックスで作りレジンに置き換えました。

クシャナのパーツと巨神兵も。こんな感じ。
レジンはタミヤのエナメル混ぜて色をつけました。

Img_0028_2

クシャナは既に
東菊花さんが紹介してくれたり、
ソラキオさんが塗ってくれたりしています。
嬉しい。

巨神兵のパーツは二つだけ。
無理やり抜いています。

Img_0029_2

ぶら下がっているのはこんな風に。

Img_0034_2


そして色々飽きてきた時に作り始めたこれも。

Img_0035_2

こっちは出来上がるのは2、3年後ですね。


2016年8月 6日 (土)

王蟲のペンケース

大海嘯セットのお礼ということで、
sawaさんに彫っていただきました。ペンケース。

R0011089

とにかく凄い。1000万円!
シルクスクリーンじゃないよ。
彫ってあるの。
普通に絵をなぞってもこんな線描けません。
しかも超硬い素材らしいです。僕が選んでしまったんですが。

本当にありがとうございます。

2016年8月 3日 (水)

リューターのビットっていうやつの紹介

いうやつって書いたのは、そもそもそういう呼び方をしていなかったので、
エンジンのバーとかポイントとか、そういう風に呼んでいました。
考えてみれば、自分で買ったことも無かった。
会社から支給された残骸を今も使っています。
15年くらい前、仕事を辞める時に持って帰ってきたもの。
Img_1991


使っているのはこの辺りです。
Img_1976


とりあえず何かに使おうととっておいた透明レジンの残骸を削ってみます。
Img_1977


最初はこれ。
カーバイトバーって言ってました。形状はいろいろありますが、みんなこれを使ってました。
スチールのものより強く、錆びにくいはず。
がっつり削る時に使います。
Img_1978


他にも径のでかいポイントも、がっつり削るのに使えます。
(残骸から集めたものなので、だいぶ小さくなっています)
カーボランダムポイントってザラザラの素材を固めたやつ、
形状はいろんなものがあるので、用途によって
こっちは使い捨てというか、どんどんスリ減っていきます。
写真にあるダイヤモンドドレッサーというもので、
形を整えて使ったり。
Img_1979


ガンガン削ったら、小さいものに変更。
こっちもカーバイトバーだったような。
先端が球状のもの。
Img_1980


細長いもの
先端が丸いものの方が使いやすいです。
Img_1981


こちらはカーボランダムポイントと同じようなもの。
素材が違うだけで、こちらもいろいろな形状があります。
ドレッサーで先を尖らせたり、好きな形状にも。
バーだけだと、表面がガタガタになりがちなので、
こういうのもあると便利。
Img_1982


カービング、彫刻はこのあたりを行ったり来たりしながら
完成させます。


あとはペーパーマンドレールというもの。
サンドペーパーを挟んで使います。
先端尖らせて、細かい部分も削れるように使っている人もいました。
耐水ペーパーは裏紙が固くて使いにくいですね。茶色いやつを使いましょう。

Img_1983
Img_1984
Img_1985

細かいものには向きませんが、広い面のヤスリがけ、
指輪の内側みたいな、まん丸い形状を整えるのにも使えます。

分かりにくいですが、
簡単にヤスリがけができます。
Img_1986


普通の模型だと、ここでサーフェイサー吹いて終わりでしょうか。
今回は透明レジンだったので、光らせてみました。
研磨材、道具はお金をかければ色々揃いますが、
ブラシと歯磨き粉でも結構光ります。
Img_1987


他にも円板状のもの。
こういうのに挟んで使います。
左側はディスクとかジスクとか読んでいた、
サンダーみたいなもの。
金属も切れちゃいます。
右のはフェルトバフ。
最終研磨に使ったりしますが、仕事で使ったことはほとんどありませんでした。
分厚い石臼みなたいなでかい円盤もありますが、
フィギュアで使うことは無いでしょう。
Img_1988


最後に裏技的なもの。
綿棒つっと挿したり。
あまり効果はありませんでした。
Img_1992

そして、巨神兵。
今日シリコンに埋める予定です。
Img_1990


«作っているもの

フォト

広告

  • 楽天
  • amazon
無料ブログはココログ