ナウシカ成長記

2016年3月24日 (木)

ナウシカ幼少期

「きちゃだめ!」「こないで!」「なんにもないわ」「イヤ イヤ!」のナウシカです。

R0010973

これはアニメにも出てくるシーンなので有名ですね。

元々は大海嘯セットのシークレットみたいな扱いで作ろうか考えていたんですが、
去年は時間が無く作れなかったのでした。

R0010974

王蟲の足は一本残らず折れたので、最終的に太めで、細かい造形もなしです。


もうバレバレだったかもしれませんが、予告通り(だいぶ前の記事)手も作りました。

R0010976


手だけをどうやって表現しようか考えたんですが、これ以外のアイディアが思い浮かばず、
全く意味はわかりませんが、頭から出すこと。
漫画の手は、あんまり怖い感じの表現じゃないんだなぁ。ユパ様(らしき人と影)もいるぞ。

R0010975


と言う訳で、新作3体の紹介でした。
明日からはまた引きこもって、大海嘯セットを展示する台みたいなのを作ろうと思います。
時間があれば、コナンでも1個作りたい!

2016年3月22日 (火)

思春期のナウシカ

今日は『くるな!』のナウシカ。2巻の68ページ。
酸の湖に突進してくる王蟲と、マニ族の進撃を踏み止めたところです。

R0010966_1

設定では16歳らしいので、思春期にしておきましょう。
これも、裸足が作りたくて作りました。

昨日は色塗りについて書かなかったので、ちょっと。
1年半かけて色塗るのは苦手で嫌い!とハードルを下げ続けてきたので、
どんな結果になっても、温かい目で見てもらえるだろうと。

塗料は、sawaさんに教えてもらったターナーのアクリルガッシュっていうのを使いました。

僕は水で溶いて使っていたんですが、専用の溶剤もあるようです。
エアブラシでも使えるって書いてありましたが、持ってないので筆塗りです。

すごい塗りやすくて、イイ色が出ます。
ただ、乾燥した後も水が染み込むので、色合わせたり、重ねたりするのが難しかったです。
水が染み込むと色が濃く見えるんですよね。

下地には、マットに仕上げるのに良いとのネット情報で、コレを使いまいした。


パーツ分けしていないので、顔はどうやって塗るんだ!
と思いながら筆を突っ込みました。
R0010967_2

R0010968


髪の毛はもっと上にフワッとさせたかったんですが、
後ろに流れちゃってます。
R0010969

大海嘯セットでできなかった細かい部分を拘った造形を目指したんですが、
大きくても小さくてもあまり変わりませんでした。
小さいのの色塗りは無理だけど。


ナウシカ少年期

色々と落ち着いてきたので、新しいのを一体ずつ紹介していこうと思います。

まずは少年期?
〜期っていうのはよく分からないんで、適当です。小学4、5年生くらい。

R0010978

5巻あたりにによく出てくる小さい頃のナウシカですね。
回想シーンではなく、妄想というか心の中の。

結構悩みながら作ったので、
3体中、このナウシカのみコレってコマがありません。

一番最初は、「くるな!」「きちゃだめ!」「されっ!」(5巻69ページ)の3体にしようかと考えたんですが、「くるな!」と「されっ!」が全く同じポーズで、しかも顔が見えないので却下。

次に裸足のナウシカがいいかもと思い、ふんわり宙に浮いてる(5巻83ページ)ナウシカを作っていたんですが、
顔が全く上手くいかず、とりあえずでっかいの試しに作ってみようと、ポーズは適当に作り始めて、
結果そのまま、5巻140ページのシーンに近づけました。

スカートの中身作らなくてよくなったので、助かりました。
もう一つでっかくした理由があるんですが、それはまた今度。

他にも血だらけのナウシカとかあったんですが、
気持ち悪いのはあんまり好きじゃないので止めました。


R0010979

写真に撮ると頭がペッタンコですね。
耳飾りは赤だと大人っぽくなり過ぎると思って、青にしました。
コレ付けてる時にナウシカの耳は目より下にあることに気が付きました。
正面から見るとショートカットに見えるのはこのせい?

Img_1646

これは増毛前の写真。

R0010951

この前ものせたモヒカン。


2016年2月16日 (火)

ナウシカ焦げた

オーブンで焼いている途中に倒れてしまい、顔が焦げてしまいました。
このくらいならまだイケる!という勝手な判断で進めています。
Img_1630


これ、前回もちょこっと写真を載せましたが、
5月の静岡ホビーショーに向け作っている、新しいナウシカです。
スカルピーという素材にも挑戦。

目標はいきなりココか?
つって、同じスカルピー・プリモを試すことに。
肌色も塗らなくていいぞ!と思っていたんですが、
使ってみたらかなり扱いづらく、焼くと空気が入っているところが白くボソボソに。
結局色々調べて、グレイスカルピーというものになりました。


今回作るのは3体、回転台みたいなの作るつもりでしたが、
前回の写真で並べてみたら、いい感じだったので、回転はさせない予定です。

R0010948


R0010949


R0010951


R0010952


R0010953

また気が向いたら、1つ1つ説明書こうと思います。

フォト

広告

  • 楽天
  • amazon
無料ブログはココログ